逆子の不安とそのフォロー

Twitterで呟いた話です。

32週すぎてはじめて逆子と診断。
親しければ親しいほどご自身の不安を吐露できなくなりネットに解を求めより不安が募るといった悪循環。
そこで鍼灸をみつけ、藁にもすがる思いで来院。

最初から不安で涙ぐんでおられましたが、最後にはすこしばかり前向きになってもらえたかと思います。

逆子治療自体はそれほど難しくないと思います。
私は三陰交と至陰しかしませんし(足すとしても足三里ぐらい)、、

でもそれだけでほとんどの方の睡眠の質やお通じ等、どこかに改善がみられます。

ただ、妊娠してからの経過が良い妊婦さんで30週以降逆子と診断された方への声かけは注意が必要だと感じています。

私はフォローアップメールを出すようにしていますが、皆さんどうしていますでしょうか?
そういった話の共有がいつかの日か逆子治療を多く手掛ける鍼灸師の皆さんとできたらいいな!って思っています。

昨日は、お世話になりました。

施術の身体的な効果を実感しながら、いただいたメールを読んでいるうちに自分の中の焦りや苛立ちが少し和らいだように思います。
家庭では、なかなか素直に悩みを吐き出せずにいたので精神面でも救われました。
これから出産までは出来る限りのことをしつつ、お腹の中のかけがえない赤ちゃんと向き合う時間を大切にしたいです。
次回の予約なのですが、●日(●)の●:●〜は可能でしょうか?

(Twitter)

昨日逆子で来院された方、つわりも無くここまでの経過に本人全く問題なく過ごしてきたとのこと。でも32週すぎてはじめて逆子と言われ、途方にくれておられました。
このような経過をたどった方の治療なり「言葉がけ」はかなり難しいと感じていますが、鍼灸師の皆さんどう思われますか?
自分の不安を話す相手がいない。親族や親友に言ったところで大丈夫と突き放されるか過度に心配されるか、出方が分からず話もできない。それでネットで調べてみると、逆子は必ず帝王切開になるとのこと。
通常の逆子治療だと「諦め」を受け入れておられる方が多いので、エビデンスを提示しながら治療をするというのが賢明です。でも高い週数で逆子になると「ガンの宣告」を受けたという気持ちを持たれている方の治療をする、といった気持ちで治療をしなければいけないので、言葉をかなり選びます。
↓↓↓Twitter↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

鍼灸師,按摩マッサージ指圧師 / 東京スキンタッチ会会長 / 逆子治療アドバイサー / 経絡鍼灸治療専門家 / 東洋はり医学会会友 / ヴィパッサナー瞑想経験者 / 子どもは4人。趣味はウォーキング、カメラ、野球、ラグビー、アメフト観戦等。