院長について

おおした鍼灸院院長の大下義武です。

大学を卒業したあと断食を経験、そこで食への関心を募らせ、無農薬有機野菜を作る農家で仕事をしました。
そこでの出会いの中で、食の事を深く知るためには体の事をしっかり勉強する必要があると思い、鍼灸師になる事を決意しました。

その時は忘れていたのですが、そういえば小さい頃よりお灸をしていたのを覚えていました。
実際私と鍼灸との出会いは生後10ヶ月の頃だそうです。
このときかなり重篤な症状を鍼灸で治してもらったそうです。
中学や高校の頃も自己治療でお灸をよくやっていましたし、小さい頃より鍼灸師になる下地があったのかもしれません。


鍼灸師プロフィール


大下義武

出身
広島県安芸郡府中町
日本鍼灸理療専門学校卒

鍼灸師 あん摩マッサージ指圧師として各地で勤務。

2002年
往診専門”大下鍼灸オフィス”開業

2004年
現在地に”おおした鍼灸院”開業

学会
東京スキンタッチ会会長
東洋はり医学会会友

家族
妻と4人の子どもがいます。

子ども達