運動していた妊婦さんの子どもに運動機能の向上が認められた

写真は神宮球場でのプロ野球開催時に打ち上げられる花火の様子。
ほんの数分で終わりますが、人が少なく良い感じの打ち上げ花火です。


『日本でも「妊婦の安静神話」を壊したい!』、、

産婦人科の先生のツイートに反応してしまいました(^。^)

「妊娠している時にちゃんと運動をしていると、新生児の運動機能が向上する。」

赤ちゃんの運動機能向上を謳われたら、運動したいと思う方も増えるかもしれません。

論文によるこの切り口、良いと思ったのでここで紹介したいと思います(^。^)

妊娠中に週3回、トレッドミルやエアロビ等の有酸素運動を50分行った場合、PDMS-2を用いた神経発生的評価(neurodevelopmental assessment using the Peabody Developmental Motor Scales, 2nd edition (PDMS-2) )で反射や運動等のサブテストを含め新生児の運動機能向上が認められた(This difference was significant for the Locomotion subtest percentile score)。

https://journals.lww.com/acsm-msse/Fulltext/2019/08000/Effects_of_Aerobic_Exercise_during_Pregnancy_on.13.aspx

ここでの有酸素運動とはトレッドミルやエアロビ、エアロバイク等のこと。

妊婦さんはスポーツジムで拒否される場合があるので日本では現実的ではないかもしれません。

ですから心拍数を上げる運動、なかなか難しいところではあるかと思います。

しかしながら安産だったと仰しゃる妊婦さん、よく歩いておられた方は多いですし、その人なりの運動は大切だと思います。

✳︎ 安産の方、戸建てで階段を使う機会の多い方とか自宅が坂の途中にあり坂道を使わざるを得ない方とか多いように思います。

 

階段坂道心拍数を上げます。平坦な道を何キロも、というより短い時間で良い結果のように思います。

ですから身体と相談しつつ、50分くらいの坂道階段含めた外歩きもいいかもしれません。
(私は階段を使用したデパート散策が良いかと思っています)

階段使うと大腿四頭筋や臀筋等の安産に大切な筋肉を落とさない事にもつながります。以前助産師さんに「早めにスクワットをやりすぎると早産の危険がありますよ!」と言われた事がありますが、その話をお聞きし、ますますこの筋肉は大切なものだと痛感するようになりました。

ところで東京は高齢出産の方がとても多くなりました。

40歳以上の高年初産婦さん、逆子云々かかわらず2人に1人が帝王切開だと言われています(病院によってはもともと帝王切開率自体50%を超える所がありますし、統計を調べるのはなかなか難しいのですが)。

実際のところ35歳以上の高年初産婦さんはトラブル多いです。35歳以上の初産ですと帝王切開率は30%を越えるかと思います。

でもそのような方でもスルッと安産!って仰る方も多々おられますし(36週前後まで当院に来院されてる方のほとんどが、お産とってもよかった!と連絡してくれます)、上記有酸素運動だけでなく、お灸なり赤ちゃんに対する気持ちの持ちようなりは、安産につながるのではないかと思っています。

しかしながらご自身の体と相談できない方、仕事脳を子育て脳に変換できない方がとっても多い(^◇^;)。

ご自身の体と相談できず、やりすぎてしまう等々(やらなさ過ぎも、、)、、

妊婦さんへの運動推奨はやりすぎにつながることがあるので難しさを感じています。

実際運動量について、もともと運動をしていた人と運動をした事の無い方との運動量が同じはずがありませんし、、。

そこをどのように考えるか。

私はご自身の適正な運動量を睡眠から考えたら良いと思っています。

睡眠がよくなるように運動をする。

そこがとても大切なのではないかと思っています。

 

安静のし過ぎは困ったことになる事が多いです。

ですからご自身の体と相談しながらあれこれ考えて行動するのはとっても良いこと。

それは胎児との相談、ということにもつながります。

ひいてはよりよい子育てにも、、(^-^)

 

追伸;今朝フェイスブックにアップしたものもご参考に(^。^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

2004年、南青山2丁目に”おおした鍼灸院”を開業しました。「鍼灸師が教える子どもツボ健康法」東京スキンタッチ会会長、東洋はり医学会会友。経絡鍼灸治療で針の痛みを感じる事無く治すよう心がけてます。逆子の治療はとても得意ですが、実は筋肉系の不調も得意です。子どもは4人、子どもの治療もしています。最近はカメラ、野球、ラグビー、アメフトに興味津々。