腰痛について、どんなタイプがあるでしょうか?

先日観戦したスーパーラグビー
うちの子もラグビーやってた時は腰痛や臀部痛の治療をよくしたものです。


逆子のことが多かったので、今回は自分の勉強を兼ねて腰痛について話をしてみます。

鍼灸師がよく遭遇するのが腰痛です。

当治療院はきつい階段があるので、痛みが強い方の来院はとても少ないですが、それでも慢性腰痛はよく遭遇します。

以前は腰痛のほとんどは背骨の変化が原因と考えられていましたが、腰痛の実に85パーセントは原因不明なのです。

腰痛対策- 厚生労働省 PDF
https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/anzen/dl/1911-1_2d_0001.pdf

「腰痛の約85%はこの非特異的腰痛に分類されます。通常、 腰痛症と言えは非特異的腰痛のことを指します。」

確かに腰痛がカウンセリングで治る場合も多々ありますよね。

腰痛の中でもこの非特異的腰痛が鍼灸院で遭遇する多数を占めるのではないでしょうか。

 

ところで腰痛発症時の対応ですが、炎症も考えないといけなので、腰痛発症時は腰を揉んだり温めたりしないでください。

マッサージはご法度です。自分でやると痛くなることがあるので専門家にみてもらいましょう。

お風呂はダメ!!温めて気持ちよいと感じる場合もありますが、後で悪化する場合がとても多いです。ですから発症初期は温めないのが無難です。

酒を飲むと悪化します。

腰痛のときは足を冷やさないようにしましょう(くれぐれも腰はあたためないようにしてください)。

 

ところで腰痛ですが、筋肉の問題なので内蔵は関係ないと考える方がほとんどだと思います。

しかし東洋医学では筋肉の病変(経筋病と言っていいでしょうか?)も臓腑との因果を診つつ治療方針を立てます。

そちらの方より早い治癒を見込むことができます。

……つまり……

おなかから治せ!!ということなのです。

 

ここで東洋医学的に腰痛をタイプ分けしてみます。

風が原因だと…

痛みが移動しやすいです。脉は浮いている場合が多いです。

麻痺は風に当たっておこります。

寒が原因だと…

痛むところはいつも一緒で自発痛が多いです。

慢性腰痛で朝起きる時とても固く感じるものは腎虚が多いみたいです。

湿が原因だと…

しびれや腫れることが多いよう……。

動かすのは差し支えないけど、腰が重だるい場合、湿による腰痛と見て脾虚が多いみたい(あるいは脾実)です。この場合雨の振る前に悪化することが多いです。

ストレスと感情と東洋医学

次に西洋医学的に腰痛について分類してみると、
  • 運動時痛

動いたときに痛みが出るタイプです。動きによって原因が異なりますが

腰を捻ったときに痛む場合は「ぎっくり腰」

おじぎをすると痛む場合は「椎間板ヘルニア」

を考えます。

  • 自発痛

じっとしていても痛みがある場合ですね。

我慢ができないほど痛みが強い場合「細菌感染」によって椎骨や椎間板に炎症が起きていることも考えられますし「腫瘍(ガン)」などの疑いも視野にいれないといけませんね。

  • 放散痛

「歩くと下肢(足)が痛む」等、ある動作をしたときに、腰以外の部分にも響くような痛みが現れます。

腰椎を通る神経が圧迫されているために起こる場合が多く「椎間板ヘルニア」や「分離すべり症」の可能性も考えます。

  • 関連痛

放散痛と同じく、腰以外の部分にも痛みが出ますが、動作とは関係なく起こります。

関連痛は「急性膵炎」等、内臓疾患がある場合にも出ることがあります。

 

急性期でおかしいな?と思えば、必ず病院に行きましょうね。

膝の痛い方を治療してみましょう!

膝の治療を経絡治療でどうやるかを書いたページです。
腰痛も治療はこんな感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

2004年、南青山2丁目に”おおした鍼灸院”を開業しました。「鍼灸師が教える子どもツボ健康法」東京スキンタッチ会会長、東洋はり医学会会友。経絡鍼灸治療で針の痛みを感じる事無く治すよう心がけてます。逆子の治療はとても得意ですが、実は筋肉系の不調も得意です。子どもは4人、子どもの治療もしています。最近はカメラ、野球、ラグビー、アメフトに興味津々。