逆子直しに一番効果があるのは?

新しい国立競技場界隈
出来上がってきております


「通っている鍼灸院で、これ以上治療をしても難しいと言われた」

「34週、産休に入ったのでお灸を受けたい」

「セカンドオピニオンとして鍼灸治療を試してみたい」

35週、36週でも来院を受け付けているのもあり、他院で逆子治療をされておられた方がよく来院されます。

ですから他院の逆子治療を垣間見て、色々参考にさせてもらうこともしばしばです。

治療内容は本当に色々。至陰と三陰交はほとんどの鍼灸院でやっていますが、腰やお腹のツボをつかう先生もおられますし、マッサージを併用される先生もおられます。治療院の数だけやり方が違う、そんな感じです。

 

先日来院された方の話です。

その方の友人が逆子の時に行った鍼灸院で、至陰に針をされたとのこと。それはそれは悶絶しそうになるほど痛かったそうです。

それが幸いしてか逆子は戻り、その友人はその痛い針が効いたと思っているそうです。

 

私が逆子直しで思うことですが、それは「お灸だけでいいのかな?」ということです。

鍼灸師だから鍼灸治療だけに特化して治療すればいい、という考えもあると思います。でも逆子で悩んでおられる方に何が一番効果があったかを尋ねると、三者三様、皆さん違うので、そういう事も教えるようにしています。

 

確かにお灸はよく効きます。逆子がよく直ります。

それだけでなく、赤ちゃんが今まで以上に動くようになった、お腹が柔らかくなった、お通じが良くなったとか等々、そのような事を言われる方はとても多いです。

 

そういえば以前、中野の個人病院で骨盤位外回転術を受けるために所沢から出向かれた方がおられました。カルテを見ると平成26年の事でした。

所沢から中野まで、朝9時半までに出向くためには満員電車を避けることはできません。ですからずっとお腹が張りっぱなしです。

1回目(35w1d)の施術は2回挑戦するもお腹が柔らかくなることが無く、結局下を向いてくれませんでした。そのあと一度当院に来院、お灸をすると(自宅施灸でも)お腹がとても柔らかくなるので、外回転の前に「お灸をどこかでできたらいいんだけど」といった話をしました。

2回目(36w0d)の時、病院でお灸をさせてもらったそうです。病院でお灸をした方はこれまでおられず、先生も興味津々だったとか。実際お腹も柔らかくなり、頃合いを見計らい外回転術は無事成功しました。

骨盤位外回転術について、私の知る範囲で。

お灸をやるとお腹が柔らかくなるのがわかるし、赤ちゃんの動きが変わるという方は多くおられます。

お灸の効果は感じられないけど、教えてもらった体操が(私がお伝えしているのはゆったりリラックスしてできるブリッジの方)とっても効果があったと思う、とおっしゃる方もおられます。

そのほか、眠れるようになって動きが変わったとか、お通じがよくなったのがよかったのではないかとか。

帝王切開に対する不安がなくなったから下をむいてくれたのかもしれない。と話す方もおられました。

 

中には逆に帝王切開の方が安心だと思い始めた矢先に戻ってくれて「先生帝王切開できなくなっちゃった、どうしよ(^◇^;)」 なんて冗談を言われたこともありました。

 

逆子が直ったその決め手をどう感じているのか、皆さん全く違います。

その決め手はお灸だけではないと思っているので、逆子が直った方から教えてもらった、とっておきの方法もお伝えするようにしています。

逆子の鍼灸治療について|東京南青山おおした鍼灸院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

2004年、南青山2丁目に”おおした鍼灸院”を開業しました。「鍼灸師が教える子どもツボ健康法」東京スキンタッチ会会長、東洋はり医学会会友。経絡鍼灸治療で針の痛みを感じる事無く治すよう心がけてます。逆子の治療はとても得意ですが、実は筋肉系の不調も得意です。子どもは4人、子どもの治療もしています。最近はカメラ、野球、ラグビー、アメフトに興味津々。